つまさき47度

ねこ歩き in シンガポール

f:id:tsumasaki47:20191117100625j:image

 

道端で出会ったねこ様。


f:id:tsumasaki47:20191117100622j:image

 

声をかけると、シュタッと降りて来てくれました。

 

しばらく私の足にスリスリしてから、


f:id:tsumasaki47:20191117100629j:image

 

ごろーん


f:id:tsumasaki47:20191117100636j:image

 

綺麗なお顔してる。


f:id:tsumasaki47:20191117100632j:image

 

のびーっ。


f:id:tsumasaki47:20191117100640j:image

 

この何とも言えないフォルムが好き。


f:id:tsumasaki47:20191117100644j:image

 

自転車が近くを通って、ねこ様ビビってお別れしました。

あと1ヶ月半で2019年も終わり。

f:id:tsumasaki47:20191117100016j:image

 

いよいよ、年末が近づいてきました。

 

毎年毎年、つまさきは立てた目標を年末までに忘れてしまう。

 

とりあえず、英語力がなくて悔しい。

 

勉強しよう。


f:id:tsumasaki47:20191117100019j:image

 

アラブストリート付近にあったアイスクリーム屋さん。

 

アボカド味のジェラートがあったの!

f:id:tsumasaki47:20191117100013j:image

 

オーチャードはクリスマス仕様です。

ホーカーでふわふわパンケーキ!

f:id:tsumasaki47:20191109210753j:image

 

こちらのふわふわパンケーキは、何とホーカー(野外フードコート)で買ったもの!!!

 

こんな完璧なパンケーキがホーカーで食べられるとは...

 

場所は、アレクサンドラフードビレッジ。IKEAの近くです。

 

土日は20時まで開いているんだけど、閉まっていることも多いので要確認。


f:id:tsumasaki47:20191109210747j:image

 

アイスつきで5ドル。


f:id:tsumasaki47:20191109210758j:image

 

こんなに厚みがある!!嬉しい!

 

アイスとソースはそれぞれ3種類から選べます。

映画『パラサイト』を観てきた。

f:id:tsumasaki47:20191109175332j:image

 

f:id:tsumasaki47:20191109175346j:image

 

シンガポールの映画好きが集まる映画館、the projectorにやってきました。

 

先週もここで映画観たんだけど、あんまり面白くなかったので今日はリベンジ。

 

カンヌ映画祭で受賞した『パラサイト』がまだ上映していたので、ちょっくら観て来ました。

 

(たぶんシンガポールの普通の映画館ではもう上映終わってる)

 

日本では1月公開とのこと。

普段あんまり韓国映画観ないんだけど、面白いなら観る!!ということで。

 

今年一番の映画は個人的にジョーカーだと思ってて、それを超えて欲しいという思いで観てきました。

 

感想は、一言で言うと、凄い。受賞に納得。

 

韓国の文化なんかも知れるし、

やっぱり貧困放っておくと悲劇が起きるよね、っていうジョーカーの時と同じことを感じた。

 

半地下の家って、韓国に結構あって、ストーリーで出てきたように貧困家庭が多く住んでいるらしい。

 

半地下に家建てるなんて、洪水が起きたら映画のシーンのようになるに決まってるのに何でなんだろう。

 

天気の子に出てきた家も半地下だったな...

 

生活が苦しいほど貧困に陥ると、たぶん人間って何だってする。

 

だからやっぱり、国は犯罪を無くしたいのであれば社会福祉に力を入れるべき。

 

一番印象に残ったのは、パラサイト家族の父が、雇い主パパを刺したシーン。

 

恨みはなく、今までパラサイトさせてもらっていた相手のはずだったのに、

 

そして、雇い主パパの「こいつ臭い!」のジェスチャーは、自分に向けられたものではなかったのに、

 

貧しい側の人間としてのアイデンティティが湧き上がってくる。

 

恨むべきはそこではないのに、やっぱり貧しい人は裕福な人を恨んでしまうし、不細工はイケメンを恨むよね、と思った。(後半のは違うか)

 

余裕のない人間ほど怖いものってない...

 

映画の中でも「裕福だから優しいのよ!あたしだってこんなに裕福ならもっと...」みたいなシーンがあったな。

 

だってそりゃそうだよね、ズルしなきゃ生きていけないもん。ズルするよね。

 

最近つまさきは、お金に執着が全くない。

安売りで買おうとか思わないし、値段で吟味しようとかも思わない。

 

それは紛れもなく、生きていく十分なお金があるからなんだよね。(決してつまさきはお金持ちと言えるほどお金があるわけじゃないけど)

 

お金ない時とかは、「少しでも安く...」みたいな気持ちあったもんなあ。

 

ホームパーティーする時とか、差し入れの値段計算して「あー高いなー」とか思ったり。

今は楽しければいくらでも持って行くけど。

 

やっぱりお金がないって大変。

これは国が動くべきところ。絶対に。

 

つまさきはこういう映画がとりわけ好きだな〜。社会風刺的な映画。

 

ジョーカーは超えなかったけど、ほんとに「凄い」としか言いようのない映画でしたとさ。

両親の育て方が良かったんだね、は最高の褒め言葉

f:id:tsumasaki47:20191109145925j:image

 

昨日、上司に言われた言葉が最高の褒め言葉だった。

 

「両親の育て方が良かったんだね」

 

これって最高の褒め言葉だよね、って思った。

 

自分も親も褒められてるんだもんね。

 

私もサラッとこんな言葉言える人になりたいな〜と思った。

Wismaのnana’s green tea 期間限定 モンブラン

f:id:tsumasaki47:20191102170742j:image

 

秋限定パフェ!


f:id:tsumasaki47:20191102170735j:image

 

クリームが軽くて、でもちゃんと甘くて、美味しかったでござる。


f:id:tsumasaki47:20191102170748j:image

 

ラテ類はありませんでした。。。


f:id:tsumasaki47:20191102170739j:image

 

マフィンやロールケーキもあるよ!

ロッティボーイ@ジョホールバル

f:id:tsumasaki47:20191101234409j:image

 

ジュロンイーストのIMMにある、ママロッティを食べて予習してから、「日本一美味しいパン」と言われる「ロッティボーイ」を食べて来ました!!!

 

f:id:tsumasaki47:20191101234400j:image

 

わざわざマレーシアまでこのために!!


f:id:tsumasaki47:20191101234404j:image

 

1人なので、ノーマルロッティボーイとミルクのロッティボーイを。


f:id:tsumasaki47:20191101234412j:image

 

これがノーマル。コーヒー風味。

 

外はサクサク、中はフワフワ。

昔流行った、バターたっぷりのメロンパンを覚えてる人はいるだろうか。

 

あれにそっくりな味で、とっても美味しいんだよなあ...

ママロッティ@IMM コーヒー味がうまい

f:id:tsumasaki47:20191028130902j:image

 

近々、ジョホールバルシンガポール寄りのマレーシアの街)に行く用事があるんだけど

ジョホールバルには大人気のコーヒーバンのお店が!!

 

ソウル発祥で、シンガポールにも以前はあったみたいなんだけど、撤退。

 

ロッティボーイというお店です。

 

ロッティボーイは撤退したにも関わらず、お仲間のママロッティというお店はジュロンイーストにあると聞いて!!!

 

ロッティボーイ食べる前にママロッティ食べるのは礼儀では?ということで、行ってきました。


f:id:tsumasaki47:20191028130858j:image

 

5分待ちくらいは並んでます。

シンガポール人、並ぶの大好きなので、平均よりも美味しいところはだいたい並んでます。


f:id:tsumasaki47:20191028130853j:image

 

焼きたてが美味しいらしいので、お土産に15個買ったけどひとつはその場で食べた。


f:id:tsumasaki47:20191028130906j:image

 

しかーし!!!!

 

味が3種類(コーヒー、チョコ、バター)あるんだけど、私の食べたバターは超普通のパン!!!!

 

超普通!!!!期待外れ!!!と思っていたら、コーヒーとチョコは上がクッキー生地になっていました。(写真はしっかり撮り忘れました)

 

バター味は買わずに、コーヒーとチョコだけにすればよかった...

 

コーヒーとチョコは、サクサクしっとり美味しかったです。焼き立て食べられなかったのが残念。

 

つまさきは「バター」という響きに弱いので、どうしてもバターにそそられてしまいました...

 

ジョホールバルではコーヒーに挑戦します。

 

ちなみに、お子様たちにも大好評だった!!

コーヒーの苦さはあんまりないかな。

 

繰り返しますが、バター味のはただのパン!!!!!

暗闇で食事ができるDine in the dark@シンガポール

ずっと気になっていた、暗闇で食事ができるレストランDine in the darkに行ってきました。

 

以前、日本でダイアログインザダークというものに参加したことがあって。

 

めちゃめちゃ面白かったんだよね。

 

Dine in the darkは、若者の街Bugisにあります。

アラブストリートの近く。

 

あ、もちろん、予約はしてから行ってください。

 

つまさきたちは、1ヶ月くらい前に予約したんだけど、希望の時間は満席でした。

遅めの時間が人気かな。

 

6時とか6時半とかなら、比較的空いているかも。

 

前日に予約確認の電話をしてくれます。

この辺はさすがシンガポールシンガポールはドタキャンが多いため、確認をしてくれているんだろうね。

 

美容院とかエステとか歯医者とかも、しっかり予約確認をしてくれます。丁寧。

 

お店に着くと、まずは薄暗いラウンジで飲み物を注文し、くつろぎます。

 

f:id:tsumasaki47:20191028131058j:image

 

こんなひと口サイズの前菜も。

「これが、見える最後の食事よ!」とか言われました。なるほど。

 

「初めて?」「準備はいい?」などと声をかけてくれ、ルール説明?をしてくれます。

 

荷物は全てロッカーに預けることや、料理は3コース(前菜、メイン、デザート)で、それぞれのプレートに4つの小さなボウルが乗っかっていること、そして、時計のようにプレートを見て6時から食べ始め、9時、12時、3時と食べ進めることなど。

 

説明が終わったら、視覚障害のあるウエイターさんに、二階へ連れて行ってもらいます。ウエイターの方の肩を掴んで歩きます。

 

日本のダイアログインザダークを思い出す!

 

席に着くと、もうソワソワ。

飲み物飲むのも一苦労。

 

いよいよ前菜が運ばれてきます。

 

メニューは大体2ヶ月ごとに変わるみたいなのですが、今回は日本の秋っぽいメニューが多かったような気がする。

 

人間、目が見えないとまず匂いを嗅ぐらしい。

そして食べて、でも味が混ざってよくわからないので少しずつ食べます。

 

前菜は

・きゅうりとチーズと桃のサラダ

・タコとオリーブのサラダ

・フォアグラと栗

・チーズとログスターの生ハム包み

 

フォアグラが、たっぷりでかなり美味しかった!!

 

そしてメイン。

・鱈の西京焼き

・ラム

・ダック

・豚の頬

 

最後に説明してもらったのに、あんまり覚えていなくてこんな書き方しかできないことをお許しください。

 

デザート!!!!

・レモンシャーベット

・ナッツのキャラメリゼとフルーツ

フォンダンショコラとフランボワーズアイス

・ラスクとパンナコッタ

 

食べ終えたら、下のラウンジへ戻って答え合わせ。

 

用紙に記入をしてから、iPadで答えを見せてくれます。

 

私たちは、「ビーフだね」とか言いながらポークやダックを食べていたことがわかった・・・恐ろしい。

 

何食べても一緒じゃんね。

 

そのほかは、割と当てられていたような気がするけど...

 

メニューが変わった2ヶ月後にまた行きたい。

お値段は、GST(税)や飲み物含めて2人で200ドルくらい。

 

安くはないんだけど、行く価値は絶対にある!!

 

超オススメです。バンコクにもあるらしいんだけど、タイ語に自信がないので、ちょっと行けないかな...

 

日本にもできて欲しい。

映画『ジョーカー』を観てきた@シンガポール

f:id:tsumasaki47:20191011162236j:image

 

つまさき、完全に思いつきではありますが、ジョーカーを観て来ました!!

 

基本あんまり字幕に頼らずに映画を観ているつもりではあるんだけど、複雑なところ理解できないと悲しいので英語字幕ありで観てきました。

 

シンガポールでは、英語字幕より中国語字幕の方が圧倒的に多いです。

(音声が英語なので当たり前ではあるけど)

 

割と怖がりな方だと自覚しているので、ナイトショーで、女一人で、こんなの観て大丈夫か!?と不安でしたが、怖さよりもストーリーに引き込まれました!!!

 

この映画凄い!!!!!

 

このブログ記事を公開する前に、もう一度観たくて二度目、そして、もう一度くらい観ても良くない?となり、三度目も行ってきました。

 

グロさは全然耐えられる。SAWとかそういうレベルではない。というか、そこじゃない!!注目すべきはそこじゃないんだ!!

 

もう最初からストーリーに引き込まれる。すごい。

 

2回目、3回目は尚更思ったことだけど、この映画の体感時間短すぎる!!引き込まれすぎてあっという間に終わる。無駄なシーン一切なし。

 

観た人は、インセプションシャッターアイランドなどのように「どこまでが現実!?」という謎をもつと思うんだけど

 

私は「ほぼ妄想」派です。

 

身近にこの議論ができる人がいないので残念!

 

ジョーカー、とってもオススメ!!!