つまさき47度

つまさき47度

人生というゲームの勝ち組になりたい!頭悪いので、人生が一度しかないことに最近気づきました。やりたいように生きていく!いつまでも常識知らずでいたい。

全英語教師に告ぐ、ノートをまとめる癖をつけさせるな

 

f:id:tsumasaki47:20170211132052j:plain

 

こんにちは。試験前で部活が休みのため、ショッピングをエンジョイしています。つまさきです。

 

私はクラスで、「ノートをまとめるな」と話しています。

 

それなのに、綺麗にノートをまとめてくる生徒がいる。「勉強した気」になっている。

 

これは、学校の授業で「ノートをまとめること」を推奨しているからじゃないかと思うんですよね。

 

「授業はノートをまとめるものでしょ?」という勘違いが、「勉強ってノートをまとめることでしょ?」という大きな勘違いを生む。

 

だから、教師は生徒に「ノートをまとめない習慣」を作らせるべきだと思う。

 

綺麗な「まとめ」はお金で買える

 

そもそも、理科や社会において言えば、教科書以上にまとまっているものはないんじゃないかと思う。それなのに、わざわざ時間をかけて自分でまとめる意味がわからない。

 

英語に関しても、文法のまとめであれば副教材のワークで十分。わざわざ文法用語をまとめさせる必要はない。自分で作ったノートよりも、印刷されているものの方が綺麗。

 

ノートは覚えるためのもの

 

ノートは、永久に残しておくべきものではなくて、記憶を定着させるために使うもの。

 

だから、極端に言えば殴り書きだっていい。

 

私が毎日使っているノートも、覚えるために使っているものなので、絵や図やマインドマップで溢れていて、きっと他の人が見ても訳がわからないと思う。

 

綺麗にまとまっている必要もないし、板書をそのまま写すなんて無意味なのに、綺麗にまとまったノートを教師が評価するのはおかしいと思う。

 

英語は実技教科

 

「英語は国数英理社5教科に含まれてはいるけど、実技教科だ」というのはよく言われる話。

 

なのに、教科書とノートで授業をして、「5教科」として認識させるような授業をする教師がいる。

 

英語は、「「「使わないと身に付かない」」」んだから、ノートを取らせる時間よりも、喋らせたり、読ませたり、そういう時間を大切にすべき。

 

時間は無限じゃないんだから、授業内で行うべきことをちゃんと吟味した方がいいと思う。

 

書く練習は当然、必要。

 

「ノートをまとめる時に、英語を書くからアルファベットの基礎ができるんだよ」と言う人もいるでしょう。

 

だったら、教科書の重要文などを暗記させて、書き写して、練習させればいい。

 

なんでわざわざ英語の時間に、日本語で文法用語をまとめるのか、わからないということです。

 

書く練習は必要。それは当たり前のこと。ノートまとめは書く練習にはならないよ。

 

持ち物は少ない方がいい

 

教科の授業に必要な持ち物は少ない方がいいに決まっている。

 

ただでさえ毎日色々な教科があって重い。管理ができない。忘れ物をする生徒がいる。

 

少ない持ち物で、でもちゃんと全てをフル活用するのが一番。

 

私は一年目、教科書、ワーク、ファイル、まとめ用ノート、練習用ノートの5点セットを毎日用意させていたし、それが普通だと思ってた。

 

まとめ用ノートを無くして4点セットに減ったけど、それでも多いと思う。いかに荷物を減らしてやれるか、悩みどころ。

 

人は経験を正解だと思い込む

 

私が中学校で受けた英語教育は、まとめ用ノートに文法をまとめたり、英文訳読(文法構造を書き込みながら、一文一文日本語に訳す。)をしたり、いわゆる旧式のものだった。

 

必ずしも英文訳読が悪いとは思わないし、教科書の内容によってはそれも必要だと思うけど、それがスタンダードになってはいけないと思う。

 

文法に関してはまとめる必要は一切ない。ワークや教科書にたくさんメモさせればいい。

 

とにかく、生徒に「ノートをまとめるって楽しい」と思わせちゃいけない。