つまさき47度

つまさき47度

シンガポールに来て4ヶ月で5キロ増えたので、糖質制限ダイエット(MEC食)! 週1のチートミールも楽しみたい! 2ヶ月でマイナス7kg達成中。

サマルカンドで美容院〜タシケントへ帰ってきた

サマルカンド最後の日は、早起きしたんだけど宿のオーナーが爆睡していて朝ごはんがなかなか食べられず。笑

 

朝ごはんは外で食べても良かったんだけど、チェックアウトもしなきゃならず、結局オーナーが起きるの待つしかなく。

 

ウズベキスタンは観光客が少ないから、こういうところ困るよね。たくさん泊まっていれば嫌でも起きるしかないだろうに。

 

今日まで5泊したうち、4泊はドミなのに一人だったし...

 

それこそ何度も行ったタイなんかは、観光大国だからこんなことってなかったし...

 

そして、やっと起きたはいいけど「10分で朝食できるよ」って言われてから何分待ったか...

シンガポールタイム並のゆるさ。

 

しかし、ゆったりするために来たんだ、ピリピリしてはいけない!!笑

 

 朝ごはんはこんな感じ〜。

 

f:id:tsumasaki47:20171231033041j:image

 

f:id:tsumasaki47:20171231033037j:image

 

ジャム美味しかった〜!コンクリートみたいなのは大好きなハルワです。美味しい。

 

オーナーはまだ寝ぼけていて、「夕方まで荷物置かせて!」と同じこと3回言う羽目になった。笑

 

さあお出かけだ。

 

朝イチのソフトクリームを狙ったけどまだ空いておらず、シヨブバザールで時間を潰し、またハルワ買って、

 

ソフトクリーム再訪問。

昨日より少し大きい2500スム(約35円 2017/12末現在)の方にしました。

 

f:id:tsumasaki47:20171231033225j:image

 

タシケント通りをぶらぶらしていたら、POST OFFICEの文字が!!

 

f:id:tsumasaki47:20171231033238j:image

 

そういえば今回はまだ家族にポストカード書いてなかった。

 

郵便局ではないんだけど、中でポストカードと切手を買えて、ご丁寧にペンを貸してくれてそのまま投函できるお土産屋さんでした。

 

ポストカードはサイズによって、2000スム(約28円)と3000スム(約42円)があります。

切手は、ポストカードならエアメールは2100スム(約29円)、封筒なら3100スム(約43円)。

 

郵便局まで行かなくていいのは、ありがたいですな。

 

それから、ウルグベク天文台を見たりぶらついて、お昼ご飯はバザールの近くの食堂で初めてのプロフ(ピラフ)を食べ、

 

f:id:tsumasaki47:20171231033322j:image

15000スム(約210円)

 

これ、ご飯をおかずにナンを食べるっていう炭水化物オン炭水化物!罪悪感がすごいね!笑

それでもやはり残さないのがマイルール。最後の米粒一粒まで食べ切るのだ。

 

お隣のおじさんがベリーっぽい味のジュースを注いでくれた〜 これどっかで買えないかしら。美味しい。

 

で、またもやソフトクリーム。しかも、2つ!

 

f:id:tsumasaki47:20171231033314j:image

 

黄色と緑のものすごい色のソフトクリームがあることを知ってしまい、そんなの食べてみたいに決まってるので、注文。

 

食べたことあるお菓子の味がする...

ねるねるねるね??

何味か聞いたんだけど聞き取れず。笑

 

当然、チョコとミルクのスタンダードが美味しいです。

 

その後も、列車の時間まではだいぶあったので、美容院へ!!

 

シャンプーとブローで25000スム!(約350円)

 

シャンプーも、マッサージつき〜!!

タイではマッサージは確かなかった...

 

しかも、店長さんらしき人が英語が話せたので、ジェスチャーでシャンプーをどう伝えようかシュミレーションしてたんだけど心配には及ばなかった。

 

今回実はつまさきはシャンプーをこちらに持って来ていないし、買っていません。

最終的にはシンガポールでも、全て石鹸で済ませられたらな、と思っているので、予行練習!ということで頭も石鹸で洗っていました。(洗い流さないトリートメントはかさばらないellipsを持参)

 

石鹸で髪を洗ったのは恐らく初めてだったんだけど、だいぶゴワゴワするのね。

美容院のシャンプーは天国でした。

 

でもたまにはこういう、不便で気持ち悪い生活をして、幸せ感じるのも良いです。

 

さて、サマルカンドからタシケントへ移動。

アフロシャブ号の一等がなかなか良いと聞いたので狙ってたんだけど、チケットが取れず、今回はシャルク号の一等で。

 

写真は撮ってはいけないとネットで見たので撮っていませんが、快適だった!!!

 

列車の中でも、20歳の医療系学生の女の子とお友達に。

言葉はわからないけど、翻訳使いながらもお互いのこと話しました。

 

サマルカンドの大学に通ってて、タシケントへ帰省だって〜。そうだよね、年末だね。

 

出会えて嬉しかった。また会えるといいんだけどな。そんな夜でした。